初期症状がないがん|大腸がんや乳がんの怖さ【鉄欠乏性貧血もしっかり治そう】

大腸がんや乳がんの怖さ【鉄欠乏性貧血もしっかり治そう】

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

初期症状がないがん

医師と患者

生存率は95パーセント

胆のうがんは日本人に多いがんです。症例数が多いので、胆のうがんの研究は世界でも進んでいます。胆のうというのは肝臓の下にくっついている臓器で、胆汁を溜めておく働きがあります。脂っこい食事をした時に胆汁を出します。胆のうがんの特徴は初期症状がないことです。症状が出た時には腫瘍が大きくなっていることが多いのです。ただし胆のうの出口部分にがんができた場合は、腹部の痛みや黄疸の症状が出ます。胆のうがんの治療は外科的手術が一般的です。早期に手術をすれば生存率は95パーセント以上です。ほとんどの場合、完治するのです。今後の治療法としてはやはり外科的手術がメインになりますが、進行がんの場合は胆のうの全摘手術になります。胆のう自体を摘出しても、特に術後に問題は起こらないので普通の生活を送ることができます。

人気のあるがん検査法

胆のうがんに関わらず、がんは早期発見すればほとんどが治る病気になっています。胃がんや大腸がんなどはファイバースコープのカメラを飲み込んで検査をするので、人によってはやりたくない場合もあります。人気がある検査法は、超音波検査です。いわゆるエコーと呼ばれるものです。胆のうがんの場合はこのエコー検査が行われます。胆のうのある部位に薬を塗って、その上を超音波の機器でなぞるだけなのでとても簡単です。そのため検査としては人気のある方法です。この検査でポリープが見つかれば、切除します。ポリープが胆のうの表面にできている場合は、腹腔鏡下胆嚢摘出手術を行います。これはおへそのくぼんだ部分を小さく切開するだけなので、負担が少なく、回復も早いです。